母子家庭 父子家庭 手当 助成金 支援制度

母子家庭・父子家庭が利用できる手当や助成金制度のまとめ

スポンサーリンク

離婚の増加やライフスタイルの多様化に伴って、ひとりで子供を育てている母子家庭や父子家庭が増えています。
しかし、家計を支える稼ぎ手がひとりになることや、家事や育児と仕事を両立させるために転職を余儀なくされたりすることで、経済的に困窮してしまう場合も少なくありません。
特に賃金の低いパートなどの非正規雇用の仕事に従事している場合、ダブルワークやトリプルワークなどの無理を重ねた結果、心身の病気や怪我などで働けなくなってしまう場合もあります。
そんな母子家庭や父子家庭の強い味方になってくれるのが、各種の手当や助成金制度です。
子供のためにも、利用できる制度はしっかりと利用しながら、健康的な生活を維持していくことが大切です。
そこで、意外と知られていない、母子家庭や父子家庭が利用できる制度についてまとめてみます。

スポンサーリンク

母子家庭や父子家庭が利用できる制度として代表的なものが、児童扶養手当です。
子供が18歳になる年度の年度末まで受給することが可能です。
子供に心身の障害がある場合には、特別児童扶養手当を受給することも可能です。
いずれも保護者の所得の金額によっては支給停止になる場合がありますから、注意が必要です。
その他、18歳までの児童を育てているひとり親を対象に支給される児童育成手当や、ひとり親家族等医療費助成制度、各自治体で行っている住宅手当などの制度もあります。
また、配偶者と死別した場合には遺族年金を受給することも可能です。
利用できる制度をすべて利用してもなお生活に困窮して、資産などの一定の条件を満たす場合には、生活保護を受給することも可能です。
ひとりで悩みを抱え込まずに、早めに自治体の窓口を訪れて相談することが大切です。

スポンサーリンク