父子家庭 影響

父子家庭におけるこどもへの影響を中心に見てみます

スポンサーリンク

 夫婦間の離婚が決定すると、こどもはどちらかの親の養育権の下に生活する事になります。
父親方に引き取られた場合には、父子家庭として成立する事になります。
 父子家庭のこどもへの影響については、やはりその父親の性格や生活態度、経済状況によっても違いが出てきます。
 男性であっても、家事などを含む生活全般をきっちりこなす人は見られます。
その場合には、こどもにとって、日常生活において困る様な場面が少なくなります。
唯、小さい時からその様な父親の姿を見ていると、女の子の場合には、男性が身の回りの世話をしてくれる事を当たり前に捉える可能性などはあります。
 父親が事細かに日常生活における態度について口うるさく注意する場合には、ある程度の範囲内ではそれがこどもにとっても守られます。
しかし、生活態度に敢えて言及する事が少ない場合には、こどもにとっては、自分の経験として転んでから、危険性を学ぶなどになる場合もあります。

スポンサーリンク

 父子家庭におけるこどもへの影響としては、母親の細やかな身の回りの世話などが不足してしまうケースがあります。
身の回りの世話についてもそうですが、母親の方が、父親よりも在宅時間が長いという家庭はよく見られます。
そうすると、母親とこどもが会話をする時間も必然長くなるケースはあります。
父子家庭になると、突然会話が減ってしまう場合などがあり、こどもにとっては、相談相手がいなくなってしまった状況に陥るケースがあります。
家庭でのコミュニケーションが減るという事は、こどものこころへの影響として、暗い影を落とす事もあります。
日常的なこどもの生活については、コミュニケーションを通してある程度把握しておく必要があります。
 また、父子家庭での父親が、こどもに対する経済面での管理をしておかない場合には、こどもへの影響として、生活が変化する可能性があります。
おこづかいなどのお金を使用する事によって、遊び方や生活、友人との関係性に変化をもたらす場合もあります。

スポンサーリンク