母子家庭 手当 実家

母子家庭は実家暮らしだと児童扶養手当がもらえないのか

スポンサーリンク

母子家庭・父子家庭の子どもの教育などの充実を図るためのものが児童扶養手当です。
これに関しては、毎年4月・8月・12月の3回支給され、各家庭の収入によって支給額が決まります。
この制度が適用されるのは18歳以下の児童に対してであり、両親の離婚や死別、離婚はしていないものの、両親のうちのどちらが重度の障害であるなどと言った条件で支給されます。
ですが、正式な居住地が日本では無かったり、遺族年金や労災を受けている場合に関してはこの手当の支給を受けることが出来ません。
これらの条件を満たしている場合、この手当はひとり親家庭であれば必ず支給されるものではなく、申請を行わないと受けることが出来ないので、市役所に行ってこの手続きを行いましょう。
そして、その手続きを行い、生活状況や収入などといった点から支給が決められ、児童扶養手当を受けることが出来ます。

スポンサーリンク

ですが児童扶養手当には問題点も多数指摘されています。
まず挙げられるのが、実家住まいであるとこれがほぼ支給されないと言う点です。
実家住まいであるとその子どもの親の収入だけでなく、祖父母の収入や年金なども考慮されるため、金銭的な支援が必要ないと考えられるためです。
また、これの不正受給も問題となっています。
籍を入れないまま交際相手と同棲し、事実婚状態であるにも拘らず、それを隠していたり、偽装離婚を装ってこれを受給していたりする場合詐欺罪が認められています。
過去にも数件このような事例があり、逮捕者も出ています。
また、長期的にこれを受給していると5年を基準に半額まで減額されてしまうといった点も問題視されています。
ひとり親家庭において子どもが小さい場合はなかなかフルタイムの労働やキャリアアップは難しいにも拘わらず、この制度が2008年に出来、現在においては手続きを行うことによって減額を避けるなどと言った対策があります。

スポンサーリンク