母子家庭 生活費 内訳 平均

母子家庭の生活費の内訳と平均

スポンサーリンク

現在、日本には母子家庭の人、つまりシングルマザーの人が100万人以上いるとされています。
シングルマザーになった内訳を見ると、離婚が8割であとは未婚と死別が1割ずつとなっています。
特に未婚のシングルマザーが増えているのだそうです。
母子家庭での一番の問題は生活費のやりくりです。
幸い現在は様々な助成制度があるので、これらは必ず利用しておきたいところです。
まずは母子家庭手当を忘れずに受け取っておくことが大切です。
しかし、この制度、自分で申請しないと何もしないのでは受け取ってもらえないのです。
まずは役場に母子家庭手当の請求書と必要な書類を提出します。
提出したら審査が行われるのですが、審査にはだいたい2、3か月かかります。
当然この間は手当が受け取れないので、そのシダにほかの助成制度も探しておきましょう。

スポンサーリンク

母子家庭にとって先ほども書きましたが、最大の関心ごとは日々の生活費のやりくりなのではないでしょうか。
実際には生活費が苦しいことが多いのですが、それでも子供に苦労を掛けたくないとい思いは普通のお母さんよりも強いのではないでしょうか。
内訳でまず大きいのが家賃です。
これは平均をとれるものではなく、住んでいる場所によって大きく違います。
一番良いのは実家に帰ることです。
そうすれば実質家賃はかかりませんし、何よりも親から育児での援助を受けることもできます。
そうもいかない場合は民間のアパートよりも市などの公営住宅にしたほうが家賃は数万円単位で安くなります。
一番やりくりできるのが食費なのではないでしょうか。
母親と子小友一人だと平均で3万円ほどかかります。
節約のコツは毎日チラシをチェックすること、そして冷蔵庫もチェックしてそれが本当に必要か見極めることです。

スポンサーリンク