母子家庭 奨学金 給付 高校 専門学校

高校や専門学校などに進学する際の母子家庭のための給付型奨学金

スポンサーリンク

母子家庭である際にどうしても気にしてしまうことが進学の際の金銭面の問題です。
そのように金銭面で困窮している状態であっても、子どもが教育を受けることが出来るよう、奨学金には給付型と返済型の2種類のものが存在します。
高校や大学・専門学校などに進学する際は入試の際に一般入試推薦入試どちらを問わず、内申点や入試の当日点の基準を設け、それをクリアすると特待生という形で入学することが出来、それによって入学金や授業料が免除されます。
この制度は大体の学校で採用されており、そのため、日頃の努力で学費の問題は何とか解決することが出来ます。
基本的には入学金のみの免除・入学金のみ半額、入学金・授業料全額免除、入学金免除・授業料半額といった形のものが多く、ですがこれが適用された場合、卒業するまで優秀な成績を維持しなければなりません。

スポンサーリンク

特待生制度の他に奨学金制度を利用して学費を賄うという方法もあります。
こちらに関しても日頃の成績が重視されており、一般的であるのが「日本学生支援機構」の奨学金です。
これには一種と二種があり、卒業後のどちらも返済義務があり一種が利息が付かなく、二種が利息の付くものになります。
二種に関しては親の収入に関する問題をクリアしていればだいたいの成績で取得することが出来るのですが、一種に関しては本当に困窮しており、成績が優秀であるのにも拘らずそれによって進学できないと言う状況でないと認められなく、審査の基準も難しいです。
実際に大学進学の際に通知表がオール5であり、進学する際に奨学金が必要な経済状況であったものの一種が認められなくて二種を取ったと言う人も多いです。
奨学金を借りる際に気を付ける点はこれは借金であり返済義務があると言う点です。
近頃では返済をしないことが問題となっており、そのようなことは無いようにしましょう。

スポンサーリンク