母子家庭 医療費 所得制限

母子家庭の医療費補助に関する所得制限はいくら

スポンサーリンク

母子家庭であるとその家庭の子どもと養育者に対する医療費の補助を受けることが出来ます。
それが認められるのは親のどちらかが死亡・行方不明だったり離婚して片親であるもしくは親のどちらかが重度の障碍者である場合です。
これに関してはその養育者の扶養家族の人数によって所得制限が設けられており、その制限は192万円からとなっています。
またこの収入に加えて勤労学生控除、障碍者控除もあるのでこれに関しては不明な点があれば市役所に相談すると良いでしょう。
またこの制度は生活保護や他の医療費助成制度を受けていたり、里親など場合は申請することが出来ません。
また、この医療助成制度が使用できる範囲は医療費の自己負担分と入院にかかった必要最低限の費用であり、入院した際に個室を使用していた場合の差額などはこれには含まれません。

スポンサーリンク

この制度の手続きは市役所の子育てに関する課に相談・申請することで利用することが出来、その際には養育者・子どもの戸籍謄本と健康保険証、印鑑、所得がわかる書類を提出することで手続きを行います。
この母子家庭の際の医療費助成制度を実際に使用する場合はどのようにすれば良いのでしょうか。
これに関しては、病院を受診する際に健康保険証と一緒に医療証など、この制度の利用が認められていることを証明できるものを提示すれば、支払いの際に女性性井戸が適用され、自分の支払い分はそれだけでいいことになります。
医療証を発行している都道府県とは異なる場所で治療を受けた場合や保険証・医療証を受け付けの際に提示しなかった場合は自己負担となってしまうのですが、市役所に領収書など、そのことを証明できるものを持って申請することで差額分を受け取ることが出来ます。

スポンサーリンク