母子家庭手当 年収

年収による母子家庭手当

スポンサーリンク

国では夫婦の間で、離婚が生じたり父親の志望により母子家庭になった場合に国では母子家庭手当が支給されます。
母子家庭になった時にはどうしても、収入が減ってしまったり、収入がなくなってしまいます。
それでは生活をすることはできませんので、それぞれ年収と子供の数によって母子家庭手当の金額は違ってきます。
また母親の年収が規定以上であると母子家庭手当は支給されることはありませんので要注意です。
そして母子家庭手当では国からもらえる児童手当は母子家庭ではなくてもある収入が限度額内であればもらえます。
そして地域によってちがいますが東京都では自動育成手当てという名前ですが支給されます。
また生活が困窮であれば、生活保護を受けることや教育委員会から就学補助が援助されるものもあります。
なので、いろいろな補助があるので、お近くの行政窓口に問い合わせてみるといいです。

スポンサーリンク

教育委員会が実施をしている就学補助では、義務教育である小学校や中学校に対して、給食費や学校用品修学旅行費の一部が援助されるものです。
地域によっては申込内容は違ってきますが、大体、一年ごとに学校を通じて申請をしていきます。
支給額も地域によって違いますが、15000円から30000円ぐらい補助がでます。
また小学校1年生から中学3年生まで少しずつ補助される金額が違ってきます。
また他にも給食費は全額支給されます。
また小学校入学時や中学校入学時に入学支度金という名目で支給される事もあります。
そしてもし学校の健診で見つかった病気の治療費は無料で受診する事も可能です。
その際に虫歯でも対応をしている事もあります。
なので一度、地域の学校や行政窓口で一通り聞いておくといいです。
説明の際にいろいろな補助がもらえるので、せっかくなので、もれることなく申請をしておくといいです。

スポンサーリンク