父子家庭 手当 所得制限 年収

父子家庭における児童扶養手当と年収による所得制限

スポンサーリンク

現在、単親家庭への優遇措置として、国策として児童扶養手当を導入しています。
これは、年収が所得制限以下の家庭の子供に対して、18歳を迎える年の年度末まで支給されます。
この手当の金額は、母子家庭も父子家庭も同額とされます。
この優遇措置は、最初に母子家庭を対象として始まりました。
離婚や死別で配偶者を亡くした女性は、男性と同じだけの年収を得ることは難しく、学齢期の子供を育てることが困難とされたためです。
しかしながら、単身で子供を育てる条件は、男性にとっても同じです。
むしろ、女性よりも子育てに対する周囲の理解が得にくい男性の方が、よりハンディが大きいとも言われています。
これまで光の当たらなかった父子家庭に、ようやく光が当てられました。
手当を支給されることにより、単親家庭の父親が無理な残業や副業をする必要はなくなりまいた。

スポンサーリンク

児童扶養手当が支給されるメリットは、収入が増えることだけではありません。
手当を支給されている家庭には、様々な支援措置も用意されているのです。
例えば、親が病気になったりした時、家事支援サービスが受けられます。
その他、子供が急病で保育園を救援しなくてはならない時なども、家事支援の一環として支援員による看護が受けられます。
子供を抱えて働かなくてはならない立場の人を支える社会資源の利用が大きく広がるのです。
その他、自治体によっては、単親家庭の親子をイベントに招待してくれたり、専門の相談員を置く所も増えてきました。
諸事情によって子供と離れなくてはならない時も、小学生までは一時預かりサービスが利用できます。
このような制度によって、単親家庭の親子が、社会から孤立することのない様、様々なサービスが整っていますスポンサーリンク