母子家庭 国民健康保険料

母子家庭における国民健康保険料の負担

スポンサーリンク

国民健康保険料は基本的に職場の健康保険に加入していない場合は自動的に加入し、保険料を支払う義務があり、母子家庭であってもその義務は同様です。
ですが、母子家庭の場合この国民健康保険料や国民年金保険料を支払うことで日常生活を送ることが難しくなってしまう場合、保険料を一時的に免除してもらうことが可能です。
この免除に関しては3割・半額の減免を行うことが出来、それぞれ、年収が前年度と比べて3割以上、半額以上減少してしまう場合に認められます。
これを取り扱っているのは市役所の健康保険課になります。
この国民健康保険料の計算方法に関しては、自分の所得金額から33万円を引き、所得割額・均等割額を求め、それを足すことで求めることが出来ます。
これは通常の限度額が50万円より少し上となっており、扶養家族の中に高齢者がいる場合、計算方法が異なるので注意しましょう。

スポンサーリンク

それでは、国民健康保険料・国民年金家庭良のように母子家庭で生活が苦しい場合に受けることの出来る免除制度にはどのようなものがあるのでしょうか。
まずは粗大ごみの処理手数料の減免です。
これに関しては市町村によって規則が異なるので、利用する際は市役所に問い合わせましょう。
また、水道料金に関しても減免制度によって料金が一部免除されることによって減額されます。
保育料・高校の授業料に関しても減免制度があり場合によっては免除や半額、基本的にはその家庭の収入にあわせて、授業料が免除されます。
また、収入が500万円以下で、65歳未満であり、ひとり親家庭であることが認められると所得税や住民税も控除されることがあります。
また、手当としては、住宅手当、児童扶養手当、片親家庭等の医療費助成制度があり、これに関しては子どもの数に対して手当が出たり、収入に応じた費用の助成金が出たりします。

スポンサーリンク