母子家庭 生活費 足りない

母子家庭で生活費が足りない場合の公的支援

スポンサーリンク

母子家庭で働きながら子供を育てているシングルマザーは年々増加しています。
その場合、特に小さな子供を抱えている家庭では、思うように働くこともできず生活費が足りないという悩みがたえないようです。
母子家庭の平均年間就労収入は月15万円程度で、年間にしても200万円に満たない世帯が多いといわれています。
実際にはこの平均額にも満たない世帯も少なくなく、金銭的に苦しい生活を強いられているのが現状です。
そこで、母子家庭や父子家庭などのひとり親世帯のためのさまざまな補助金や助成制度があります。
一番多く利用されている児童扶養手当は所得制限をクリアすれば受給資格が与えられます。
離婚後の養育費なども所得に含まれるので注意しましょう。
また医療費の助成もあり、子供と母親が医療機関を受診した場合の保険診療の一部または全額を助成してくれる制度もあります。

スポンサーリンク

児童扶養手当を受給するためには、印鑑、申請者名義の普通預金通帳、年金手帳、対象児童と申請者の戸籍謄本、世帯全員分の住民票などが必要になります。
地方自治体の所定の申請用紙に記入をした上で必要書類と一緒に提出して、市町村の福祉担当窓口などで手続きを行います。
児童扶養手当の受給後は年に1回、母子家庭の状態が継続しているかどうかを証明する現況届を提出しなくてはなりません。
母子家庭であり、所得が一定水準以下の状態が継続すれば、子供が18歳になるまで支給されることになります。
その他には、母親が資格を取得してキャリアアップをめざす際に支給してもらえる自立支援教育訓練給付金や介護福祉士、保育士、看護師といった収入の安定するより専門的な資格を取得する際に支給してもらえる高等技能訓練促進費支給といった制度もあります。
公的な支援の内容をよく理解して、生活費の負担が少しでも減るようにうまく利用することが大切です。

スポンサーリンク