母子家庭 父子家庭 生活保護

母子家庭・父子家庭が生活保護を受けるには

スポンサーリンク

母子家庭や父子家庭などと言ったひとり親家庭である場合、どうしても子どもの世話のために働く時間を削らなくてはならなかったりして生活保護を受けなければ生活が難しくなってしまうと言う場合も多いです。
この場合生活保護を受けるための条件はどのようなものがあるのでしょうか。
まず、生活保護を申請する以前に他のひとり親家庭を対象としている手当などを見直す必要があります。
この手当として挙げられるのが児童扶養手当や父親や母親が死亡した際の遺族年金、離婚していれば養育費もこれに考慮され、これらがあっても生活していくのが困難な状況である場合生活保護を申請することが認められます。
この金額に関しては厚生労働省の定めた最低生活費が基準となっており、この金額は子どもの数や年齢によって異なりますが、だいたい15万円周辺となります。

スポンサーリンク

この生活保護の申請を行う際には自分の生活が本当に困窮していることをしっかり役所側に伝えなければなりません。
母子家庭でなくて、生活が苦しくて申請を行っても申請が通らなく、苦しい生活を送っている人はたくさんおり、これに関しては社会問題にもなっています。
そのため、母子家庭であっても申請が通ることは難しく、役所に申請しに行っても申請書そのものをもらえない場合も多いので、しっかりとしたこれに関する知識がある人と一緒に訪れるのが理想的です。
新生する手続きは市町村によって異なりますが、その際に必要となるものとして、収入申告書・資産申告書などといった自分がどれだけのお金を持っているか証明するものが必要になるので、申請する前に事前に用意しておきましょう。
そして申請が認められると、担当者による家庭訪問が行われ、それによって受給するかどうかが決められます。

スポンサーリンク