父子家庭 手当 条件

父子家庭が児童扶養手当を申請するための条件について

スポンサーリンク

男で一つで子供を育てることを父子家庭と呼ばれていますが、家庭環境によっては自分の収入では子供を養育出来ないことがあります。
そんな場合に児童扶養手当制度を利用していきますが、これを利用するためにはいくつかの条件があります。
1つめに子供の母親が離婚または死亡していることを証明する必要があり、これについては法的効力のある書類を提出します。
これを市役所などで提出する形となっており、本当に情報が合っているか確認手続きを進めていきます。
ここで正式に書類の内容が一致したと認められれば、市役所などから児童扶養手当が支給される形となります。
今現在の法律では、1人当たりの子供について受け取れる金額は約4万円前後となっています。
しかし2人以上いる場合には、5千円増額と少額での支給となっているためその点においては注意が必要です。

スポンサーリンク

 父子家庭として市役所などに児童扶養手当を支給手続きを進める際において、2つめの必要条件としてその者が扶養親族であることとなります。
これは不正手当支給を予防するためのものであり、法的効力のある書類を用意して自分の子供であることを証明していきます。
民法という法律で定められている内容であり、内縁関係の者が申請をしても受理されないことが多いです。
あくまでも血縁関係にある者でないとだめなので、代理人などが申し込みをしても受理されないです。
さらに年間所得額が103万円以下という条件もありますが、父親の場合には正社員として働いていれば対象外となります。
しかしアルバイトで生計を立てている場合については、この金額の条件を満たすことがあります。
このように年間所得額についても定められているため、正社員として職に就いている場合には手当が支給されないことがあります。

スポンサーリンク