父子家庭の子供の特徴について

父子家庭の子供の特徴について

スポンサーリンク

父子家庭の子供には、何か特徴があるのだろうかと考えてしまう方もいます。
よく耳にする言葉に、「産みの親より育ての親」と言う言葉を聞いたことがありませんか?
子供は確かに、育ての親によって成長しいていく訳です。
育ての親の教えから学ぶのです。
普通に考えてみても母子家庭だから父子家庭より元気で明るい子供に育つとか、素直で優しく、想いやりのある子供に育つということでわありませんよね。
育ての親が父子であれ養母であれ、子育てを行う環境でも全く違うのです。
一人一人が育つ環境が違う、育ての親もまた一人一人が考え方から容姿など全てにおいて違うのです。
東京で暮らすか沖縄で暮らすか、幼少期をすごす環境が違うだけでも特徴は変わります。
裕福な家庭もあれば普通に暮らしている家庭もあります。
父子家庭の子供の特徴を考える必要など実際には無いと言うより、考えるだ必要がないと言うことです。
どんな家庭の子供であれ、子供達には一人一人、立派な特徴があります。
何かに劣ることもけしてありません。
むしろそう言った環境の中でも子供達は立派に成長していきます。

スポンサーリンク

日本における離婚率は30%代、この数字は世界的に見た場合に7番目です。
日本人の3組に1組が離婚をしているという計算になります。
ただ、父子家庭や母子家庭になる原因は離婚だけではありません。
死別になどによる場合もあります。
しかしながら片親となってしまった場合、子供達と過ごす時間を作ることは容易なことではありません。
時間を確保する為に転職をすると、収入面で不安定となり、生活水準を落とさなければならないなどの書き込みなどを散見します。
子供達からしても、これまで当たり前であった環境が一変することで、反抗心が芽生えるようなこともあるでしょう。
ですが、子供達はそうした中でも一生懸命に自分達を育ててくれる親を見つめています。
よく片親の子供達は性格的にも荒れてくるとか、学業を疎かにしてしまうと言ったことの書き込みなども見ます。
ですがそのようなことはけしてありませんし、根拠の無い話なのです。
収入面での影響などで思うように習い事や塾などに行かせてやれない実態もありますが、子供達は日々成長しているのです。
学問が全てではないのです。
自分はどうして片親なのだろうと、劣等感を感じていたり、疎外感に悩む子供もいますが、その中で大きく成長して行きます。
そういった子供達はむしろ立派な大人に成長していきます。

スポンサーリンク