父子家庭 娘 家庭 悩み

父子家庭で育った娘、特有の家庭の悩み

スポンサーリンク

近年、離婚率は上がる一方で父子家庭も珍しくない時代になりました。
父子家庭の時、特に父親に対して異性である娘の場合特有の悩みが多く存在します。
最初に父親を悩ませるのは成長に関してです。
本来ならば母親が変わって教えてくれるはずのブラジャーをはじめとする下着選びなど女性特有の問題が出てきます。
思春期に入る子供との会話も距離感も難しく、デリケートな問題はなかなか父親からは話しにくい家庭がほとんどだと思われます。
そんな問題の解決方法としては、まず日ごろから娘と何でも話しやすいオープンな雰囲気を家庭内で作ることをお勧めします。
たわいもない話に紛れて、さりげなく必要性の指摘をしてあげることが大切です。
どうしても話しにくい場合は娘の通う学校の担任が女性ならば事情を話し、アドバイスを間接的にしてもらうこともいいでしょう。
近くに信頼できる親戚や日ごろ頼りにしている女性の方から話してもらう事も効果的に解決できるでしょう。

スポンサーリンク

また娘の方から父親に言いにくい事も多く存在します。
先ほど述べた身体の成長過程で必要をされる下着や生理用品は、異性である父親に言い出しにくく悩む事が多く見受けられます。
直接は言い出しにくくても間接的にお世話になっている親戚や、時には学校の担任の先生に通して話し、父親に話せればお互いの負担は少なく問題を解決できるでしょう。
また別の問題として家事の負担が大きいことが上げられます。
本来は母親がやるべき、炊事や洗濯、掃除、買い物など日常を送るための家事を多く強いられることが多々あります。
多少の負担は家族なら協力するべきなので仕方ない面もありますが、学生の本分である勉強に集中する時間や学校生活を有意義に送りたいという気持ちも出てきます。
実際に専業主婦の母親ですら時には家事を休みたい日もあるので、それを娘が考えてもおかしくはありません。
定期的にファミリーサポートなどで家事の代行をお願いしたりして、家事負担が多くなりすぎないよう注意が必要です。
父子家庭で多くの悩みがお互い存在しますが、出来るだけ日常会話を増やし、日ごろからお互いの悩みをオープンに話せる家庭の雰囲気を作り出す事が解決の糸口なのかも知れません。

スポンサーリンク