母子家庭 父子家庭 割合

母子家庭と父子家庭の医療費の割合と様々な優遇措置

スポンサーリンク

国の政策として、母子家庭や父子家庭には、様々な援助があります。
その主たるものは児童扶養手当と医療費の負担割合の優遇です。
この制度により、生活保護、またはそれに準じる家庭は、医療費が無償となります。
また、所得制限はありますが、大多数の単親家庭で、医療費の負担割合が1割となっています。
この優遇措置は、子供が18歳の年の翌年3月まで割り当てられます。
つまり、単親家庭の子供が高校を卒業する間際まで措置が続くことになるのです。
以前に置いては、子供が満18歳を迎えるまでとされていましたが、月齢によって格差が出ると批判があり、高校卒業を迎えるまでと改訂されたのです。
この措置により、多くの単親家庭が救われています。
単親家庭の殆どは、平均年収を下回る世帯であるので、これらの優遇措置の続行を強く希望しています。

スポンサーリンク

これまでの、単親世帯に対する国の優遇政策は、母子家庭に対するものが中心でした。
母子家庭に比べて収入面で大きく上回っている父子家庭については、長い間置き去りにされた状態でした。
しかしながら、家庭の中で母親の存在がないことは、家族に大きな負担を強いることになります。
子供が病気をした場合にも、父親が無理をして仕事を休むことを考え合わせれば、母子家庭と同じ優遇措置を取るべきと国会でも提言され、父子家庭への優遇措置が実現したのです。
この優遇措置を受けている家庭は、自治体による家事支援も優先的に利用することができます。
病児の看護や買い物、夕食作りなど、一定時間内でサービスが受けられるので、一人親の負担をかなり軽減することができます。
離婚や死別などによって、今後も増加すると見込まれる単親家庭にとって大きな助けになります。

スポンサーリンク