父子家庭 児童扶養手当 所得制限

父子家庭の児童扶養手当の所得制限について

スポンサーリンク

父子家庭や母子家庭の場合には、生活を補助する目的で児童扶養手当が支給されるようになっています。
受け取れる条件がいくつか決められていますが、条件に該当した人だけが手当を受け取ることができるようになっています。
また気になるのがどのくらいの金額を受け取ることができるのかと言うことになります。
全額支給というものがありますが、これは扶養親族の人数と受給者の所得制限限度額というものが関係しています。
それによると児童1人の場合には月額4万2000円となっており、児童2人の場合には月額47000円となっています。
児童3人目以降1人増えるごとに月額3000円が加算されるようになっています。
このように子供の人数に合わせて金額が異なっています。
またここで一部支給になることがあります。
これは一定以上の所得がある人に対して減額して手当を支払うというようなものです。

スポンサーリンク

子供の人数の他に扶) %>養親族の人数と受給者の所得によって算出されています。
しかし所得が制限を超えた場合には支給されないようになっています。
児童扶養手当には所得制限が設けられています。
具体的に子供を連れて実家に帰ったときに、所得のある祖父や祖母と同居した場合などが該当するようになっています。
児童扶養手当の扶養親族などの数は、税法上の控除対象配偶者や扶養親族、また扶養親族ではない児童になります。
児童扶養手当に関してはしっかりと法律で定められています。
児童扶養手当法になりますが、この法律に基づいて運営が行われています。
またここで児童という言葉が出てきますが、これは18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある人になります。
また政令で定められた障害の状態にある20歳未満の人となっています。
手当は認定の翌月分から支給されるようになっています。

スポンサーリンク