父子家庭 母子家庭 格差

母子家庭と父子家庭の格差問題

スポンサーリンク

ひとり親家庭が増加している現代においても母子家庭より父子家庭はやはり後期の目で見られてしまいます。
というのも基本的に離婚をする際、日本においては子どもの親権は母親に行くものとされており、特別な事情が無い限り父親側に親権が行くことはあまり無く、そのために周りからもそのような点を気にされてしまったりということがあるためです。
また父親に関しては仕事に専念しており、育児には母親に比べて関わってこなかったと言うことが多く、急に子育てをしなければいけなくなってしまったというケースも少なくは無く、そのために父親にかかる精神的負担も大きいです。
そのような現状があるものの、父子家庭と母子家庭に関しては取り巻く環境においても格差があるのが日本社会における現状であり、そのような事態を解決していくことが今後の課題とされています。

スポンサーリンク

現代において、このようなことが問題視され始めたことから、今まで母子家庭に対して行っていた医療費助成制度などは対象を母子家庭のみから父子家庭も対象とするために「ひとり親家庭」としたりなど、少しずつではありますが、父子家庭を応援するための制度は少しずつ制定され始めています。
ですがまだそのような問題に関しては格差が生じてしまっているのが現状です。
やはり父子家庭に関して母子家庭と比べると不便となってしまうのが職場で休暇を取る際です。
子育てをする母親を支援する制度は一度問題視されたことがあるために、ワーキングマザーのための育児休暇を取ることが出来る企業が現在は増えましたが、働く父親を応援する制度はやはり現代の日本において、まだ父親は働き、母親が家事・子育てをするという考え方が根付いているせいか、父親が育児休暇を取ることを認めている企業はとても少ないのが現状です。

スポンサーリンク